ピアニストの遠藤征志さんに校歌の作詞作曲をして頂くことになりました。

 本日は、素敵なお客様がいらして頂きました、ピアニストの遠藤征志さんです。

以前から、遠藤さんのライヴに行ったり、一緒に箱根の峠をRUNで越えてみたりと交流を深めてまいりましたが、なんと今回は湘南国際アカデミー高等部の校歌を生徒たちと作ってくれることになりました。
 恐る恐る校歌の作詞作曲に関して、お願いしたら二つ返事で「OK!」をもらえて感謝感激です。
 ありがとうございます、遠藤さん!!
 アニマルセラピー犬のエノキダケも喜んでいます(笑)
遠藤さんは、ご自身のオフィシャルHPにもありますように、とても繊細で豊かな音色、精神性を感じさせる主張のある演奏、才能溢れるオリジナル作品で聴くものを魅了し、ジャンルを超越したPianist・作曲家・編曲家として活躍されています。
 なんと、2005年にはTBSドラマ「恋の時間」で遠藤征志本人役にて出演もしているんですね。
 以前から、福祉関係の施設や学校でも演奏をしていることは伺っていましたが、遠藤さんのお父様も高校の先生をしながら校歌の作詞作曲なども行っていたため、今回ご依頼させていただいた時には何かの縁を感じて頂けたとのことです。
 それにしても、将来、当校の入学式や卒業式などで、生徒が自分達の校歌を歌ったり演奏したりする日が来るのではないかと、今からとても楽しみです。
 他の学校では校歌を歌うというのは、ごく当たり前のことだと思いますが、出来たばかりの学校だといろいろなことを生徒達と一緒に創り上げる喜びや楽しみがあることを実感しています。
 特に当校の生徒には、不登校や引きこもりの経験があり、他の生徒と一緒に行動したり何かを成し遂げるという経験が少ない生徒もおります。
 生徒一人ひとりの素晴しい個性を発見し個性を伸ばすには、些細なことでも生徒が自発的に取り組むことが出来る様に、私たちが日々創意工夫していくことが求められておりますし、そこに当校の職員のやりがいがあり続けるように、みんなで学校づくりをしていきたいと思います。
こういうことをきっかけに、生徒が自分の隠れた才能や趣味、個性を発見し、自分らしい表現方法を見つけたり、発信できるようになるのではないかと、生徒の顔を見ながら遠藤さんとニヤニヤする素敵な時間を過ごせました(笑)

~・~・生徒の皆さん、保護者様、学校の先生方へ・~・~

湘南国際アカデミー高等部は、神奈川県のJR藤沢駅南口徒歩10分の場所にて(地図はこちら)、広域制通信制高校のサポート校やフリースクールとして活動しています。 当校は、教職員や看護師、キャリアコンサルタント等の専門職が「無料慣らし授業」など日々の活動を通して、不登校や引きこもりに関する悩みや課題を抱える中学生・高校生と共に、安心して学べる居場所づくりと生きがいを創造し、未来に繋がるサポートを提供して参ります。

先ずは、お気軽にお問合せください お問い合わせはコチラ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る