いろんな視点で世界が見えてくる

数学の二宮です。
 数学というと非常に堅苦しいイメージが付きますが、ところが別の見方もあります。
 大学時代、数学の先生で話題が面白い先生がいました。その先生の勧めで大学卒業後社会人を2、3年やりもう一度大学それも社会学を学びに行きました。
 今から思うとまだまだ社会に対して未熟でいま思うと赤面します。ただ、そこで野上弥生子「真知子」(社会に目覚める小説)に感動してそこから、少しずつ社会に対して問題意識が出てきたように思います。ということで、学校はいつの年代でも自分が必要とすればその時に行けばいいのです。
 今、生徒の要望で、「猫情報」を発信しています。たかが猫ではないのです。猫の話からいろいろと話が出てくるのです。書いている私も、いろいろなことを知り面白いです。例えば、イギリスの「ボブという名のストリートキャッツ」ではイギリスの厳しい生活とともに、“ビッグイシュー”というNPOについて(ホームレスの自立応援、包括社会を目指す)も知ることができました。
 まだまだ世の中には知らないことが多いな、との感想です。単純に一つの見方で見るのではなく、別の見方で見ると、そこから知らない世界が見えてきます。
 その面白さをいくつも知ることが、勉強につながるかな?と思いながら数学にかかわっております。

数学教諭:二宮公子

~・~・生徒の皆さん、保護者様、学校の先生方へ・~・~

湘南国際アカデミー高等部は、神奈川県のJR藤沢駅南口徒歩10分の場所にて(地図はこちら)、広域制通信制高校のサポート校やフリースクールとして活動しています。 当校は、教職員や看護師、キャリアコンサルタント等の専門職が「無料慣らし授業」など日々の活動を通して、不登校や引きこもりに関する悩みや課題を抱える中学生・高校生と共に、安心して学べる居場所づくりと生きがいを創造し、未来に繋がるサポートを提供して参ります。

先ずは、お気軽にお問合せください お問い合わせはコチラ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る