2021年度第5期生入学式

湘南国際アカデミー高等部 第5期生入学式

こんにちは、キャリア教育担当の中澤です。
だんだんと桜も散り、若葉が芽吹く季節になってきました。

湘南国際アカデミー高等部では、先日、12名の新入生を迎え、2021年度第5回入学式を終えることができました。
昨年は新型コロナウイルスが猛威を振るい、緊急事態宣言が出ていた時期でもあったため、入学式を一斉に行うことができませんでしたが、今年は検温・手洗い・消毒、マスクの着用を徹底して行いました。

皆さんは、入学式というと、どんなイメージの式を想像しますか?
大勢の人が参加する大きな式?先輩たちがたくさんいて、緊張感あふれる式?
実は湘南国際アカデミー高等部の入学式は音楽に溢れた、アットホームな式になっています。
と、いうのも来賓として参列してくださっているお二人のミュージシャンの祝辞兼演奏が式の中であるのです。

ギターリストの曽根一馬さん

生活ゼミの中の夢講師としても来ていただいている、遠藤征志さんと曽根一馬さん。
お二人ともプロのピアニスト、ギタリストでいらっしゃいます。今年の4月には東京丸の内の有名なコットンクラブへの出演も決まっていらっしゃる、大活躍中のお二人です。
そんなお二人の柔らかで優しい演奏が新入生の緊張を和らげてくれるのです。

遠藤征志さんと曽根一馬さんからは祝辞として演奏をして頂きました♪

そして今年は在校生代表のKくんが新入生の皆さんを歓迎するスピーチをしてくれました。
台本に頼らず、自分の言葉で新入生の不安や期待の気持ちに寄り添う言葉は、新入生の胸にしっかりと刻まれたと思います。
また、入学式や卒業式など行事があるごとに、生徒の成長をひしひしと感じ、教職員は皆感動してしまいます。
きっとそれも、大規模ではなく少人数制で一人一人と向き合っている時間が長い、湘南国際アカデミー高等部だからこそなのかもしれません。

通信制高校入学式在校生からの挨拶

在校生からの歓迎の言葉は、現3年生のKさんが担当しました♪

新入生の皆さんは、入学式が終わって、ホッとした表情を浮かべていたのが、とても印象的でした。湘南国際アカデミー高等部では、無料慣らし授業というスタイルの体験授業を行っていますので、入学式の前に既に学校に慣れている生徒がほとんどです。ですが、はやり式典はいつもとは少し違う雰囲気になるので、緊張はしますよね。

記念撮影の際は、一瞬だけマスクを外して撮影しました。


※プライバシー保護のため、写真の一部を加工しております。

ここからは、オリエンテーションを経て、通常の授業が始まります。
ですが、我々教職員は4月に無理をしすぎないように注意しています。人間、始めが肝心と思い、なんでも最初は頑張りすぎてしまうものです。ですが、何事も「しすぎ」は禁物。

入学式も在校生によるウィンドウアートで新入生を迎えました。

5月の大型連休に疲れが出てしまい、その後なかなか自分のペースを取り戻せなくなってしまいます。
ですので、少しずつ「できた」ことを積み重ね、自信をつけていきましょう。
そんな皆さんを応援しています!

【文責】
湘南国際アカデミー高等部
キャリアコンサルタント:中澤 みほ

~・~・生徒の皆さん、保護者様、学校の先生方へ・~・~

湘南国際アカデミー高等部は、神奈川県のJR藤沢駅南口徒歩10分の場所にて(地図はこちら)、広域制通信制高校のサポート校やフリースクールとして活動しています。 当校は、教職員や看護師、キャリアコンサルタント等の専門職が「無料慣らし授業」など日々の活動を通して、不登校や引きこもりに関する悩みや課題を抱える中学生・高校生と共に、安心して学べる居場所づくりと生きがいを創造し、未来に繋がるサポートを提供して参ります。

先ずは、お気軽にお問合せください お問い合わせはコチラ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る