社会体験研修として中学校の先生に来ていただきました。

こんにちは、湘南国際アカデミー高等部の新井です。
本日は、表題にもありますように社会体験研修として中学校の先生が、湘南国際アカデミー高等部に2日間の研修に来てくださいました。
と言いましても、私たち職員はいつも通りの業務を行い、今回参加していただいた先生には見学をはじめ実際の業務も手伝っていただきました。人手ということだけでなく外部の方に入っていただくことで普段気付くことができなかったことにも気付けるというメリットを感じることができました。

研修最終日には、参加していただいた先生から今回の感想をいただきましたので、以下に挙げさせていただきます。
※研修に参加していただいた先生に同意のもと、個人情報は伏せて掲載しております。

~・~・~・湘南国際アカデミー高等部での社会体験・~・~・~
今回、教員の年次研修の一つである社会体験研修の一環として、こちらの湘南国際アカデミー高等部に2日間お世話になりました。
 まず、こちらの学校にて研修に参加させていただきたかった理由としては、私の中学校の生徒もたくさんこちらにお世話になっており、特に学校に行きづらくなった生徒が湘南国際アカデミーの「無料慣らし授業」に楽しそうに通う姿や、そのまま中学校卒業後の進路先に選ぶ姿を見るうちに、ぜひ一度、自分も見学させていただきたいと考えたからです。
 研修期間中は主に、スクーリングの様子や中学生に向けた「無料慣らし授業」を見学させていただきました。ここでの授業は、中学校の様子とは大きく異なっていたため、とても新鮮な気持ちで2日間を過ごすことができました。その中でも、特に2点のことを学ばせていただいたのでこちらに書かせていただきます。
 1点目は、多様な生徒が一人一人、のびのびと学ぶことができる環境が湘南国際アカデミーにはあることです。授業中、わからないことがあれば、近くの友人や先生に聞きに行く、美術の授業ではタブレット機器の操作が得意な生徒はスマートフォンでデザインを考える、また、教室の中に入ることが難しい生徒は、別室で授業の板書をタブレットを見ながら進め、
その様子を適宜、先生が見に来て、アドバイスをする様子も見られました。このように、生徒が周りの人たちと学びを深め、自分の得意を生かし、そして苦手なことをサポートしてもらえる体制が整っているので、生徒にはとても恵まれた学習環境だと思いました。
 2点目は、とても温かく親しみやすい空間だということです。湘南国際アカデミーの教室がある一つの大きな建物には、ほとんど壁がなく、開放的な空間になっています。それ故に、教室の中で授業担当の先生と生徒だけという閉鎖的な雰囲気は一切なく、授業中もいろいろな先生方が時々教室に顔を出して、生徒に声をかけ、アドバイスをするという場面を多く見かけました。その場面がとても自然で、学校でありながらどこか、家で親に勉強を見てもらっているような親しみを感じることができました。このような環境だと、生徒も安心して教室にいることができると思います。
 2日間を通じて、湘南国際アカデミーには生徒たちの居場所がきちんと用意されていることを強く感じました。学校に行きづらくなった生徒が再び学べる場所があること、誰かと関わり、貴重な体験を積むことができるというのはとても素晴らしいことだと思います。さらにすべての生徒が自分に合った進路選択ができるように様々な選択肢があっていいと思います。湘南国際アカデミーは、生徒たちの選択肢を広げるとても素敵な学校だと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以上の、感想をいただきました。
研修先に当校を選んでいただき、本当にありがとうございました。

今後も職員一同、日々生徒と向き合い素晴らしい学校運営を目指してまいります。
湘南国際アカデミー高等部
職員一同

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る