こんにちは。湘南国際アカデミー高等部高橋です。ご報告が遅くなりましたが、去る4月14日に湘南国際アカデミー高等部は入学式を執り行いました。本年度は第6期生16名が入学し新鮮な気持ちでスタートしました。

本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

さて今回は4/28に開催されたクラフト講座をご紹介します。

今回は「つまみ細工」です。つまみ細工をご存じですか。

一般社団法人 日本つまみ細工協会のWebサイトを見ると、

————————————————————–

つまみ細工」とは小さな布を『折り』『つまみ』複数を組み合わせて四季折々の花鳥風月を形作り、櫛やかんざしを華やかに彩る江戸時代から伝わる東京都指定の伝統工芸です。

————————————————————–

とあります。

つまり布を加工して作る装飾品ですね。私は今回がつまみ細工初体験です。どんな作品ができるのでしょうか?

まずは今回の講師である関川先生より、本日作る作品の説明です。

興味がありそうな生徒も無さそう(笑)な生徒もいるようですが、新しい体験に前向きな様子です。

全容が見えて少し安心したのでしょうか。ふざける子、それを面白がって笑う子・・場が和みます。

今回は「一輪挿し」「ストラップ」「ヘアアクセサリー」の中から好きなものを選びます。

作る作品を決めたらそれに合わせて素材を選んでいきます。

さあ、いよいよ制作開始です。小さな小さな布切れに爪楊枝を使い接着剤を付けます。

布はペラペラしているしボンドはべたべたしているし・・・指は攣りそうだし目は寄りそう・・思っていたよりも難しい・・・

ここで私はにわかに心配になってきました。できるかしら・・・

そんな私の様子をよそに生徒は真剣な様子で着々と作業を進めます。

得意な生徒はどんどん進みます。

そして嫌気がさした生徒は脱走です(笑)。

あれ?いない?と思ったら隣の教室でしっかり勉強していました。みんな自分でバランスを取りながら進めていきます。

そして本体ができたら細部のパーツを選び仕上げます。

ストラップをつけてでき上がり!

およそ2時間でみんなとても素敵な作品を作り上げました。ご覧ください!

今回私が感心したのは、みんなは自分が好きなものをよく知っているということです。布選び、ビーズ選び、ストラップ選び・・・どの場面でも比較的すっと選び、その作品は本当にその生徒のイメージと合っていました。

自分の好きなもの、作りたいイメージをしっかり持っているみんなはすごい!!!!

その「好き」を失わずに持っていてくださいね!!

湘南国際アカデミー高等部では生活ゼミの一環としてクラフト講座やギター講座などのアクティビティを用意しています。高等部の生徒以外に、フリースクール無料慣らしの生徒さんも参加可能です。興味がある方はぜひご連絡ください。