みなさん、こんにちは。 進路サポート担当の中澤です。
9月も後半になり、気温が低い日も出てきて、秋の訪れを感じています。
高等部では、前期の終業式も終わりました。

さて、皆さんは大学(短大や専門学校も含む)受験の方法の1つに総合型選抜方式というのがあるのを、ご存知でしょうか。
以前はAO(アドミッションズ・オフィス)入試や自己推薦型入試と呼ばれており、数年前から「総合型選抜方式」と呼び名が変わりました。
総合選抜?自己推薦?何か高校時代に部活で頑張った人や生徒会の役員しか受けられないんじゃないの?と思うかもしれませんが、今の時代はそうではありません。
いかに熱意を持って、その学校で学びたいということを体現できるか、が合格の決め手です。

また、各学校によって「総合型選抜」の入試方法は様々です。
特に多いのは、事前課題として、志望理由書や入学後の学びについて具体的に作文として書いたものを提出したり、小論文試験や教員との面接です。
中には、オープンキャンパスでしか、総合型選抜の事前課題を配布しない学校や、オープンキャンパスの時に実施するワークショップに参加することが出願する条件になっている学校もあります。

高等部では今年、複数の3年生が、この総合型選抜入試を受験しています。
3年生になったばかりの頃から、学校選びやオープンキャンパスのまわり方までレクチャーと行った生徒もいますし、入試前に面接対策を相談してくる生徒もいます。
学力としては一般入試だと即合格は難しいけれども、入学したい!学びたい!という熱意では負けないという生徒には、総合型選抜入試の話をして、保護者様とも二人三脚でサポートを行っています。

私は高等部の生徒の皆さんは、通信制高校の生徒だからこそ、決められた日までに課題を提出し、スクーリングや単位認定試験を受けるというセルフコントロール力があると考えています。
これは、進学先の学校生活の中で求められている力の一つでもあります。
高校と違い、進学先の学校では履修から友人作りまで、全て自己責任で行わなければいけません。

このように、サポートする生徒の一人ひとりとしっかりと向き合い、時には保護者の方も一緒に参加していただき、進学サポートを進めています。そんな3年生の姿を、2年生もしっかりと見ています。

さあ、受験を控えている3年生はまずは体調を整えて、スタートです!